転職だけではなくフリーランスの道も考えるなら「Job-Hub」

フレックスタイムって何?

知らないとまずい?転職候補になる働き方

NEWS

フレックスタイムって何?

フリーランスとして働くなら「Job-Hub」

フリーランスとして働くなら「Job-Hub」

好きな時に好きなだけ働く

時間に融通の利きやすい働き方にはフレックスタイム制が導入された働き方などが挙げられます。中でもフレックスタイム制が導入されやすいのは情報通信産業となり、情報通信産業の業種が1番時間に融通の利く働き方がしやすいと言えます。しかし、情報通信産業の業種で働くよりももっと時間に融通を利かせて働けるのが、フリーランスの働き方です。極端な話ですが、フリーランスとして働けば月初の10日間忙しく1ヶ月分の生活費を稼いだ後は、残りの20日間近くは好きなことをしていても誰にも文句は言われません。ではこのフリーランスとして働くにはどのような方法があるかを紹介します。

クライアントとワーカーの架け橋

最近はクラウドソーシングと呼ばれる仕事を依頼するクライアントと仕事をするワーカーの架け橋をオンライン上でつなげるWEBサービスが注目を集めています。外注コスト削減や、納期までに頼める人材確保などで悩むクライアントと、対応するスキルがあるが仕事を探せないワーカーを直接つないで両者にメリットを与えるのがクラウドソーシングと言えます。
オンライン上で仕事を依頼したり、仕事を受けたりすることができるため、在宅ワークとして働くこともできます。また、首都圏の仕事を受けることのできない地方にいる人も、オンライン上で首都圏の仕事を受けるチャンスがあります。このような自由な働き方ができるため、フリーランスとして働くにはクラウドソーシングを利用することが一番の近道となります。

「Job-Hub」でフリーランスになろう

クラウドソーシングを利用してフリーランスへとなる際に利用してもらいたいサイトが「Job-Hub」です。「Job-Hub」ではシステム開発やアプリ開発といった専門的なスキルを要する依頼、ロゴやパンフレットなどのデザイン制作依頼、そしてデータ入力やブログ記事作成といった特別なスキルがなくても活躍できる仕事の依頼を受けることができます。
クラウドソーシングを利用してフリーランスで活躍するには、プログラムについての深い知識などがなければ難しいと考える人も多いかもしれません。しかし、「Job-Hub」で依頼されている仕事にはそこまで難しくない案件も少なくありませんので、簡単な仕事から受けていきフリーランスとして確立していくことができます。

「Job-Hub」はできる時間で、好きな場所で、スキルと実績を活かした仕事を目指して新しい仕事のあり方を追求している人におすすめのクラウドソーシングです。

Job-Hub詳細

自分の生活に合った求人を探す

今注目の記事はこちら!