フレックスタイム制のメリットを知ろう

フレックスタイムって何?

知らないとまずい?転職候補になる働き方

NEWS

フレックスタイムって何?

導入によるメリットは?

導入によるメリットは?

自分で管理ができる

出勤する時間が選べたり、もっと自分の時間を管理できれば良いのにと考える労働者にとってフレックスタイム制はとても良い制度です。自分で時間を管理したいと考えて転職をしたいと感じているのであれば、フレックスタイム制が取り入れられている会社がおすすめです。自由度が高くて労働者に人気のあるフレックスタイム制ですが、そのフレックスタイム制によってどのようなメリットが得られるのかをご紹介します。

遅刻がなくなる

必ず決められた定時までに出勤しなければならないのが一般的な働き方ですが、フレックスタイム制であれば出勤のタイミングは自分次第です。仕事をする多くの人は朝に出勤することが多いかもしれませんが、やはり朝は満員電車や交通網の関係によってストレスを感じたり遅刻をしてしまうことがあります。
しかし、フレックスタイム制で働けると朝は満員電車になる時間をずらして乗車したりすることができますし、寝坊や交通の関係によって多少遅れたとしても遅刻になりません。調子が悪い場合はゆっくりしてから出たり、出勤前になにかを済ませることができたりと、基本的に遅刻という概念がなくなります。

時間やタスク管理能力の向上

フレックスタイム制では誰がいつ来るのか、そしていつ帰るのかということは掴みづらいところがあります。そのためチームで動くときに会議や打ち合わせといった仕事をするには予定をしっかり組むことになります。このような時間管理を意識してそれぞれが行っていくことで時間の管理能力が各々向上するメリットがあります。
また、フレックスタイム制はタスク管理がとても重要になります。それぞれでタスクを管理して、自分が決めた時間でそのタスクをこなすこととなります。そのため期限などを自分で管理している時間の中で終わらせる能力が向上しますので、タスクの期限についてそれぞれがきっちりと考えることになります。

最大のメリットとは

最大のフレックスタイム制のメリットと言えることが、ストレスが大幅に軽減されやすいという点です。仕事の効率化が図れるため仕事に対してモチベーションが向上し、自分で出勤時間も管理できることから時間管理を上手にすることで多くの時間をプライベートに割くことができます。
そして自主性も求められるため労働意欲が向上し、やらされているという感覚がなくなるのもストレスが生じにくくなります。そして通勤などの時間帯もストレスのない時間帯を選ぶことができるなど、仕事以外の面でもストレスを軽減することにつながることが多いのがフレックスタイム制のメリットです。

今注目の記事はこちら!